ホーム > IR情報 > IR基本方針

IR情報

IR基本方針

当社は、株主・投資家の皆様に対し企業情報を適時、適切および公平な情報開示をすることで、IR活動に対する信頼性を高めるとともに、企業価値を適切に資本市場の評価に反映させるよう努めます。

IR情報開示方針

開示する情報

当社は、金融商品取引法等の関連法令や上場取引所の定める適時開示規則に則った情報開示をいたします。また、株主・投資家の皆様に当社の理解を深めていただくための有用な情報について、適時開示規則に該当しない情報についても開示していきます。

開示方法

当社は、適時開示規則に該当する情報は、東京証券取引所の提供するTDnetに登録し情報開示を行うとともに、本サイトを通して、できるだけ速やかに広く一般に情報を伝達できる環境を整備します。

将来予測に関する考え方

当社サイトに掲載されている情報には、当社および当社グループの計画、将来の見通し戦略等のうち過去の事実に関するもの以外は、将来の業績に関する見通しであり、これらは現時点で入手可能な情報による判断にもとづいています。実際の業績はさまざまな重要な要素により、これら業績見通しとは異なる結果になる場合があります。尚、当サイトは当社に対する理解を深めていただくことを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関するご判断はご自身にてなさいますようお願いいたします。

IR活動沈黙期間

決算情報の漏洩を防止し公平性を確保するため、各決算期末日より決算発表日までを「沈黙期間」とし、この期間は決算に関するコメントや質問への回答を控えることとします。ただし、「沈黙期間」中に業績予想を大きく外れる見込みが出た場合には、適宜、開示規則に従い情報開示を行うこととします。なお、沈黙期間であっても、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問等につきましては対応いたします。